ウィストン・キャスター・ホワイト

 血迷って煙草に手を出してしまった。煙草なんて流行らないものに絶対に手なんか出すまいと思っていたのに、気が付いたらコンビニのレジで「○○番下さい」と店員に告げていた。恐らく、夏から秋にかけて自分が身を置いていた環境の影響が大きい。(演劇の世界はなぜか煙草を吸っている人が多い。)

 「ウィストン・キャスター・ホワイト」

好きなミュージシャンがかつて、自分はキャスターを吸っていると言っていたことを思い出しこの銘柄にした。バニラの甘い味がするとも言っていたが、なるほど、確かに口にした瞬間微かにバニラのような味がする。しかしそれは一瞬で、たちどころに煙たい風味に変わってしまう。

「さて、火を付けて吸ってみよう」ということで、これもまた煙草と合わせて購入したライターで火を付けようとする。左手の親指にグッと力を入れて押してみるがしかし、ライターはびくともしない。今度は両手を使って付けてみようとしたがこれもまた不発に終わってしまった。はあ?ここまで順調な流れだったになんなんだおい!お子様は煙草吸うなってか!?(事実コンビ二で年齢を確認された。)しばらくライターと熾烈な争いを繰り広げていたが、それがいかに不毛なことであるかを悟り、大人しくマッチで火を付けることにした。

マッチを擦る。火がボワッと付いたことにややおののきながらも、なんとか煙草に火を付ける。ゆっくりと吸う。すると口の中に煙が流れ込む。ただ煙たい風味しかしないが、思っていたほどではない。しばらく煙を口の中にとどめてから、一気に吐く。暗闇が煙の白さを際立たせる。

「なんだ、案外吸えるもんだな」と調子に乗ってもう一本吸ってみたが、今度は煙を吸い込み過ぎてしまい大いにむせた。何事も調子に乗るのものではない。

 それからも一週間ほど毎日夜になるとベランダに出て煙草を吸った。だいたいいつも煙たさしか感じなかったが、それでもたまに煙が入ってくることを気持ちよく感じる瞬間があり、「そうか、これが煙草がうまいということか~」などと一人で勝手に合点していた。

 私はこうして愛煙家になった、と締めくくりたいところだが残念。肌が荒れたので煙草なんかもう二度と吸いません。吸うもんじゃないです。

 

2020/10/23 雨

インフルの予防接種を受け損ね、家で甘すぎるオートミールのお粥を食べながら。