6月、ビューティフルに生きて死ぬための

 道を歩いている時に、前を歩いている男性がペットボトルをポイ捨てしたのを見た。花屋でたくさんの花が売られているのを見て、家にある花瓶にはどの花が合うだろうかと思いを巡らせた。けれどこれらの出来事が、いつどこで起こったことだったのかを思い出すことはできない。記憶が抜け落ちている。気づけばもう、6月。

 

 病んだり病んでいるフリなんかしたくない。私はいついかなる時も、前向きで健やかでありたい。でも、涙が止まらなくなって人の話を聞く気力がなくなってしまうことがどうしてもある。そういう時は紅茶を淹れて横になろう。これが、あなたが少しでも元気を取り戻す方法だから。今日はずっと布団にくるまってごろごろしていたけど。

 私と私の人生の折り合いがつけられない。今朝ツイッターで見た「自己肯定感は低いけど自己愛に溢れている頑張れない人」だ。私は。(でも思う。ツイッターでそういうことをさも自分はこの世の全てを知っている、悟っているみたいな顔をして呟く人って、一体何様のつもりなのだろうか。ベーッ。)

 いつもいつも適当だ。私は常に現状を楽しんでいる、現状に満足している、と思いながら過ごしてきたところがあるけれど、本当は過去に対する後悔を認めたくなかっただけなのかもしれない。

 中学から大学までずっと演劇をやってきたので、傍から見た私は、きっと演劇を頑張ってきた人なのだろうけど、全然そんなことない。本物を目の前にして自分は本物にはなれないと思った。頑張っても頑張っても、なれない。「若い女の子として消費されそう」そうなのかもしれない。舞台の上での私の価値ってそんなものなのかも。ならばもういっそのこと手放してしまおう。

 

 かつて私のことが好きだったらしい後輩に、気になる人ができたらしい。学生のうちに良い恋愛の一つぐらいしておくといい。良い恋愛が何なのかはよく分からないけど。愛が何なのか以前に、好きが何なのか分からなくなってしまった。

 

 今日のハイライトは「楽園の夜」のラストシーン。

全体的に抑えが効いているなと思っていたら最後に一気にそれが破り捨てられ、とても良かった。ハッピーエンドではないけど爽快。そういう最後も、悪くない。

 

 毎日なんてことない顔をして過ごしているけど、心の奥底から今の生活を楽しめているわけではない。常に頭を抱えている。胸のあたりが重い。

ビューティフルに生きて死ぬための僕らの人生?いいだろう。今にきっとそう思えるようになる。

 

youtu.be